お腹のダイエットには捻りを加えることが大切

お腹を引っ込めるためにダイエットを頑張る人は少なくないですが、中年以降になるとお腹の膨らみはかなり厄介です。可能なら、加齢によってお腹に脂肪がつく前に、適切なダイエットを行って脂肪の燃焼を促していきましょう。お腹を引き締めるダイエットをする時には、まず何から着手すればいいものなのでしょう。腹筋運動を続けることで、下腹部の脂肪を燃焼させようとする人もいますが、腹筋以外の筋肉を刺激する必要があります。お腹の脂肪を燃焼するには、腹筋をする時に、お腹を左右にひねる運動をプラスすることです。お腹のダイエット効果は、上半身をひねりながら行うかどうかで、かなり違ってきます。腹筋運動をする時の注意点は、腰が悪い人には適していないということです。上半身のひねりも、腰にダメージがいきかねません。腰に負担をかけられないという人は、足上げ動作による腹筋を行うといいでしょう。よく知られている腹筋は上半身を起こすというものですが、仰向けに寝て、足を少し上げる動作も腹筋を使います。腰に負担のかかる運動はできないという人でも、足を上げる腹筋運動は問題なく行うことができます。お腹ダイエットの効果を高めるには、背筋を伸ばして立ったまま、上半身を左右にひねる動作もおすすめです。簡単な動作ですが、継続的に実践することによって体脂肪の燃焼効果が期待できますので、試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です