絶対にやってはいけない断食によるダイエットとは

行き当たりばったりのダイエットではなく、誤りのない情報を得た計画的なダイエットをすることが成功の秘訣です。しかし、まったく何も食べないという断食を無理に敢行するような方法は、あまりすべきではありません。何故なら、間違った方法による断食ダイエットは、体に悪い影響を与えてしまうからです。ダイエットのために多少の無理は構わないという人もいますが、やりすぎるとコンディションが悪化してダイエット自体が続きません。長期に及ぶ断食は、精神的にきついだけでなく、体によくない影響を及ぼします。免疫力の低下や、疲労状態、骨の弱体化などです。短期間で急に体重を減らすことができると、ダイエットがうまくいったようにも見えますが、筋肉や骨まで減らしてはいいことがありません。ダイエットのためにやみくもな断食をしていると、リバウンド体質になるので、何かのきっかけでリバウンドすることもあります。断食は身体面への負荷が大きくなり、危険な状態だと判断した脳が指令を出して、脂肪が付きやすくなります。また筋力も落ちていますから、なかなか脂肪を燃焼させることが出来なくて、太りやすく痩せにくい身体になってしまいます。断食をやりすぎると、ダイエットがうまくいく以前の問題として、摂食障害になる可能性もあります。漠然とした情報だけで、先々の見通しも立てずに断食をくり返していると、深刻な身体トラブルを起こす場合もあります。断食は、身体への負担が特に大きい方法ですので、ダイエットに用いる場合は専門的な知識を持つ人の指導が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です